医療ケアが必要な子にも きょうだいたちにも タッチケアを

10月末から11月にかけて、講演会準備に本番、カンガルーの親子の写真展二ヶ所開催とバタバタと過ぎて行きました。

そんな中、先月末は、相談支援員さんの紹介などもあり、医療ケアが必要なお子さんの子育てをがんばっている二人のお母さん方とお話をするチャンスを続けていただきました。

それぞれのお子さんの年齢は違いましたが、上にごきょうだいがいらっしゃることが共通していました。

  
お一人はおうちに帰ってまだ数ヶ月の赤ちゃん。自由な外出が難しいだけでなく、夜もゆっくり安心して眠れない毎日のお母さん。

そうですよね‥。母親の自分が子どもの異変に気づかなかったら、それは即命に直結するという緊張の24時間。

娘は医療ケアが必要ない状態でNICUを退院しましたが、それでも最初の数ヶ月は緊張していましたから、私。

そのお母さんの一言が耳に残りました。

「我が子にどう触れていいかわからない」

30分おきに痰の吸引をしたり、ミルクの注入をしたり、子どもに触れてお世話はしているけれど、

撫でながら語りかけたり、お歌を歌ったり‥してないなーって。

命を守ることが最優先にならざるを得ない現実。

  

  
いろいろお話しすると、「そっか、おねえちゃんの時みたいにすればいいんですね」と。

タッチケアの持つ意味が伝わり、嬉しい瞬間です。

そして、このタッチケア、陰で妹、弟(場合によっては兄姉)を心配し、たくさんのがまんをしてくれているきょうだいたちにこそ大切なものなんじゃないかなーと、私は思っています。

  
mamma manoは在宅医療でがんばっているご家族をタッチケアで応援しています。

お子さんへのマッサージの仕方、手技をお伝えしています。

そして、お母さんへのリンパトリートメントで、24時間張り詰めっぱなしの身体と心をリラックスしてもらいたいなと、願っています。

今後のご予約可能日です。

◆11月13日(金)09:30〜16:00(出張可)

◆11月18日(水)12:30〜16:00(サロンのみ)

◆11月26日(木)12:00〜15:00(サロンのみ)

◆11月27日(金)09:30~13:00(サロンのみ)

私のタッチケアの原点

こんにちは。mamma manoの万です。

なんとなんと4月末から毎週木曜日、西日本新聞 共に生きてのコーナーにコラムを連載させていただいています。

タイトルは「小さな命のキセキ」

今週は私のタッチケアの原点となるお話です。  サロン名、「mamma mano(マンマ マーノ)」はイタリア語で「ママの手」という意味です。この名前に込めた想いは上のコラムに書いたことから来ています。

私の通称「万(まん)」という音にもかぶせていたりして??

リンパトリートメントでは、わたくし「万」の手でお母さん方を癒したい。

そして、タッチケア教室では、それぞれのお母さん方にタッチケアの手技をお伝えすることで、お母さんからお子さんへ 「ママの手」で関わってほしいという願いを込めています。

ちなみに1回目

2回目

また来週のコラムもお楽しみに。

◆5月29日(金)9:30~16:00

◆5月30日(土)10:00~15:00

は、まだ空きがございます。

初の土曜日営業ですよ!!

(出張の場合は時間を相談させてください)

また6月は1(月)、2(火)、5(金)、8(金)、15(月)、16(火)、19(金)、29(月)、30(火)が営業日となる予定です。
営業時間はデイなどの日程が決定次第お知らせいたします。

ご予約・お問い合わせは 電話は出れないことが多いので

当ホームページ内のお問い合わせフォームからのメール、またはfacebookメッセンジャー、LINEからお願いいたします。

さぁて、明日は娘の運動会です。天気予報が気になるところですが、みんなと一緒に毎日練習を頑張っています。
本当にたくましくなったものです。

私は今からお弁当の材料の買い出しです。

最後までお付き合いありがとうございました。

娘、発熱中のタッチケア

娘、週末の真夜中に突然の発熱。39.7度。

久々の発熱、しかもなかなかの高熱です。

きっと原因は気温の乱高下。暖かくなると思いきや、予想より肌寒かったりしてましたからね。

声がかすれた感じで帰ってくることもあったので、おそらく喉からくる発熱。

状態がよいので天気が悪い中無理して休日診療に行くことはしませんでした。行ったら行ったで、娘の診療情報を持たない病院だと何かと面倒ですしね。

とはいっても、高熱でしんどいはず。

娘さんの手が伸びてきました。

私の手を背中、お腹に持っていくのです。

さする手を止めると催促される。

赤ちゃんの時からそうなのですが、アイスノン類は冷たすぎるようで嫌がるので、私は自分の手足を冷やしては氷嚢替わりに娘の身体にくっつけては熱を取っています。

今回はじっと手を置くのではなく「さすれ」とのご要望(^^)

タッチケア…安心するのかな?

お熱2日目の夜も熱は下がらず…。

結局、溶連菌でした。