LINE@はじめます

昨日、「仕事休みになったんだけど空いてる?」と昔、勤めていた会社の先輩からメール。

タイミングよくご希望の時間が空いていたので、初めてサロンにお越しいただくことができました。

mamma manoは完全予約制ですが、短時間コースや裏メニュー(30分)は、当日でもお時間が取れることもあります。ご連絡ください。

そんな時のため(?)、mamma manoのLINE@を始めます。

ぜひお友達登録をしてくださいね。

@wzf5159b で検索(@をお忘れなく)していただくか、下記のボタンからお友達に加えてください。
友だち追加

 QRコードからのほうが便利な方はこちらを↓

電話番号を公開していないのですが、これならmamma manoをご友人に紹介したいなーと思ってくださっていた方も気軽にお友達に連絡先として伝えていただけるし、お友達の方もご連絡しやすいかな、と思っています。

ブログ更新のお知らせだけでなく、毎月のご予約可能日のご案内を早めにお知らせしたり、LINE限定のつぶやきをちょこちょこしたり(多分)、何よりLINE@お友達限定のショップカード(ポイントガード)をご利用いただけたりとメリット満載です。

ぜひ、mamma manoのLINE@をご活用くださいね。

一番の問題は、私がちゃーんと活用できるか??なんですけどね。がんばります。

ところで外は雪。向こうの山が見えないほど、本格的に降り出してきました。

40年ぶりの大寒波襲来だと言われています。今夜から月曜日の朝にかけて、天気予報は雪とマイナスの気温が並んでます。体調を崩さないことはもちろんですが、停電や物流ストップや交通の麻痺など大きな災害につながりませんように。

みなさま、お気をつけてお過ごしください。

25日の営業は当日の天候(子どもたちが登校できるのか?)で判断いたします。ご了承ください。

寝る派?しゃべる派?

先日、来てもらったお友達の雑貨屋さん。鏡に引き続き、殺風景だった壁など飾っていただきました。

鏡の前に購入していた看板も、この雑貨屋さんのものです。写真は部屋の中で撮りましたが、実際は営業中は外に置いています。  

さて、今週はサロンに癒し隊の方に来ていただき、自分のメンテナンス。  
120分、全身の疲れを流していただきました。

私。爆睡。

ほとんど意識なし(笑)

整骨院とかにお世話になる時も、基本的に施術受ける間はしゃべることなく、意識もぼーっと空っぽになる私です。

そうやって私はリセットされるのです。

お客さまもいろいろです。

寝てしまう方。

ずっとお話しされる方。

あなたはどちらのタイプですか?

気持ちが開放される一番の方法でトリートメントを受けてくださいね。

そうそう、アロママッサージやリンパトリートメントのサロンでは、裸にならなければいけないから嫌だ、抵抗がある、というお言葉をよくいただきます。

mamma manoでチューブトップとパンツのセットまたはラップタイプのエステガウンをご準備しています。施術箇所に合わせて着ていただいています。またベッドの上では、施術しない箇所にはタオルケットをおかけています。肌が必要以上に露出することはありませんのでご安心くださいね。 (写真はいつもお世話になっているタオル屋さんから。サロンでは色違いをご用意しています)

サロンでのリンパトリートメントのあとは、温かいお飲み物を出させていただいています。

心と身体、ほっと一息ついてくださいね。

mamma manoはみなさんのサロンです

日曜日は娘の学校の日曜参観でした。

廊下で保育園時代から一緒のお母さんから声をかけられました。

「ねぇ、サロンって会員制?カンガルーの人だけ?私も行っていいの?」

mamma manoは、リンパトリートメントは女性限定ですが、会員制ではありません。

たしかに、このサロンを始めようと思ったきっかけは娘であり、娘を通して今まで出会ってきた病気や障がいを持つ子どもたちのお母さん方です。

お子さんの状況がどうであれ、育児は大変。自分の思い通りに時間が使えないこともたくさんです。

     
家事、仕事、育児…お母さん業は休む暇がありませんよね。

  
年齢を重ねていくと、ご両親やパートナーの看病や介護が加わることも。

  
たまたま、私や仲間たちは、その相手が我が子なだけなのですが…。

サロンのお客さまの中には、自分自身の病気と向き合っている方もいらっしゃいます。

またお仕事として、そういった方々と向き合う毎日の方もいらっしゃいます。

mamma manoで身体と心の疲れを癒し、笑顔で帰っていただく。そして、ご家族やお子さん、お仕事先の相手の方とにっこり向かいあっていただく。

そんなお手伝いができれば嬉しいなーと願っています。

  

ということで、決してご来店いただくための条件はございません。

もちろん、既婚、未婚も問いません(^-^)

敢えて言うなら、「疲れた〜」とおっしゃっていることかな(笑)