小学校の読み聞かせボランティア

http://ift.tt/1Mlg4aL

小さな隠れ家サロン リンパトリートメント&タッチケア教室【mamma mano】の万です。
上の子が小学校に入った時から始めた、朝の読み聞かせボランティア。今年で9年目に入りました。
1年生から6年生まで全学年の教室を回ることで、それぞれの年代の様子をリアルに感じることができ、長男が中学生になった今、小学生の年齢に応じた発達を改めて確認できる時間でもあります。うん、役得!
久しぶりに1年生の教室。
入学してまだ1ヶ月半。本当に可愛らしい。1年生ってこんなに小さかったんだな~って。
この日、読んだ本はこの2冊。
{A2E84233-04A2-4C5A-B904-2E71FAA72125}

{BD1D9559-7E07-4D88-835B-289122B93FED}

『やさいのおなか』は、いつもクイズっぽく子どもたちに答えを言ってもらいながら読み進めるのですが、1年生、元気がよいこと、よいこと!!

『いちにちおもちゃ』は、素直に思いっきり笑ってくれました。
朝の私の元気の源の時間です。
絵本の読み聞かせって、とても素敵な、そして必要な時間だなと思います。
長男がまだ小さな時は、寝る前の読み聞かせが毎晩の日課でした。私の方が先に眠くなり、途中からどこを読んでいるかわからなくなったり…なんて懐かしい思い出です。
中3の今も、相変わらず本は好きなようで(ジャンルはともあれ)、教室の机の中にも一冊は置いてあるようです。(参観の日に置いてあるのを発見しました)
絵本なんてまだまだ~なんて思える赤ちゃんの時から読み聞かせは始めても早すぎることはありません。
グループでのタッチケア教室の時も絵本は持参していますよ。
絵本を通じて親子の素敵な時間が流れますよ。
メニュー(料金)、お問合せフォームはホームページにあります↓

http://ift.tt/1Rp9g7Q from【アメブロ: リンパトリートメント&タッチケア教室「mamma mano(マンマ マーノ)」 】http://ift.tt/1Rp8GHe
via IFTTT

広告