娘を連れてのスクール

いつもは子供たちが学校に行っている間に通うのですが、今回、どうしても日程の都合がつかず、「娘さんと一緒でもOK」という先生と一緒に組んで受講している方のお言葉に甘えて、土曜日に娘を連れてスクールへ。

3時間のスクールの間、娘の相手のためになんと先生のお母様までスタンばってくださいました。

みなさん、立てない、歩けない、しゃべれない小学1年生の障がい児なんてきっと初めてのはず。

iPadに娘の好きな動画をたくさん入れ、おやつに水筒、絵本など大荷物を抱えて行きました。

娘にとって初めての場所、初めての人。初めはちょっと場所見知り、人見知りでしたが、すぐに慣れたよう。

先生のお母様マジックです。

すっかり仲良しさん。‥というか、自分のおばあちゃんかのように甘えていました。
後半には「なんて言いたいかわかってきたわ」というお母様の声も聞こえてきて
、おかげ様で私も安心して集中して受講できました。

本当にありがとうございました。

時々、私の存在を確かめるかのように部屋を移動してきたのにはビックリ。

実は弱視の娘が初めての場所を一人で迷わず、そしてぶつからずに移動してきたことに私は驚きでした。その時は、あまり私は声を出していなかったはずなので、声を頼りに来たとは思えないのですが。

先生がこの日の様子を先生のブログに書いてくださっていました。

自分もちゃっかり要求してマッサージしてもらってるし(苦笑)

そりゃあ、先生のマッサージはママより気持ち良かったことでしょう。

20140316-115410.jpg

親子でお世話になりました。

ダッシュで帰宅し、大急ぎで夕飯に鍋完成。そして、がんばったご褒美にケーキとイチゴ。‥あっ、でもこれって前日のお兄ちゃんの卒業祝いに、おばあちゃんがたくさん持って来てくれたケーキと昨夜食べ損ねたイチゴなんですけどね。

試験まであと一回しか講座がないなんて焦ってますが‥。
娘がいるから母は頑張れるのです。

広告

我が子が一番の顧客さま?

お風呂も夕飯も終わり、下の娘とのんびりテレビを見ていると、息子がバスタオルを持って私の前に。

手にはマッサージジェル。

「今日は時間があるから大丈夫でしょ?」って。

リンパを学び始めた頃、息子を練習台にしていたのですが、すっかりはまってしまわれたようで・・・(笑)
私の前にバスタオルを敷き、脚を投げ出し、ゴロンと寝転がる息子さん(苦笑)

そりゃぁ、気持ち良いでしょうけど、私、あなたの母親です。本来なら、私が肩もんで~って言う場面ではないの??

などと言いながら、息子さんの膝から下をマッサージ。この夜はおまけにハンドマッサージもサービス。

春から中学生になる息子。反抗期、思春期まっただ中の息子が堂々と甘えられる(?)、大事なスキンシップの時間です。

年齢的に手をつなぐどころか、ますます話をしてくれなくなると思うからこそ、「マッサージして〜」と言ってこれる親子関係を大事にしていきたいな、と思うのです。

まぁ、時々、息子に対して頭にくることがあるときは、ツボをめいいっぱいグリグリ押していじめちゃうこともある意地悪な母親です。

タッチケアとリンパトリートメントを学び始めた理由のひとつ。それは脳性麻痺の娘のためです。

娘は一人で立ったり歩いたりできません。加えて片麻痺のため体は左右アンバランス。
人が当たり前に体を動かす部分が動かないことでの弊害。片麻痺であるがゆえのアンバランスで過度の筋肉の緊張。インナーマッスルも弱く便秘気味。etc‥
リハビリとは違う体のリラックス状態を作ってあげたい思ったのです。

マッサージの気持ち良さを知った娘は、布団に入って寝付くまでの間が毎日のタッチケアタイム。
しかもマッサージしてもらいたいところに私の手を連れて行くのです。
足だったり、首だったり、最近は仙骨の辺りがお気に入り。

娘のために始めたつもりが、今やすっかり兄ちゃんのためにもなってる‥。

我が子二人が一番の顧客ですね。

Nっ子ママさんモニター施術

25日、私と同じように早産未熟児のお子さんを持つNっ子ママさんT様宅に60分モニター施術に行ってきました。

届いたばかりのベッドを担いで行き、あっという間にサロン化した和室にT様のテンションもアップ~~!!!!

お母さんであり、フリーのライターさん。だからお仕事でパソコンに向かう時間が長く、首、肩、そして腕、手がカチコチ。

ということで、腰から上を60分間モニター体験していただきました。

整体には時々行かれているようですが、整体ではないものがあったらしいですよ~(^^)

いろいろおしゃべりしながら、あっという間の60分。

終わったあとはケーキとコーヒーをいただき、お土産まで頂戴しちゃいました。

ありがとうございました。

コーヒーを飲みながら「3年前に来てほしかった」というお言葉。嬉しかったな。

3年前・・・それは彼女が、突然の早産をしたとき。そして、その後、子どもがNICUを退院し感染が怖くてなかなか外出ができなかったとき。

外出もままならず、誰にも話せない想いを、こうやって体を癒しながら聞いてもらいたかった、と。

まさに私がこのリンパトリートメントの勉強を始め、そして出張専門でやっていきたいと考えていること。

決して、言葉にしてお話してくださらなくてもいいんです。不思議と伝わってくるものなのです。

体のリラックス、心のリラックス。

そんなお手伝いができるセラピストになりたいなぁと思っているのです。

技術だけではなく、心もしっかり精進してまいります!!

T様、宣伝部長、よろしく!!!!!!