Touch Care Class

日本タッチケア協会のマニュアルをベースにした訪問でのタッチケア教室です。

対象:NICUを退院したばかりの赤ちゃん。在宅で医療ケアが必要お子さま、発達がゆっくりのお子さま、出産間もないお母さま。

Touch Care Class          
タッチケア教室とママのご褒美時間  1,500円

ママのご褒美タイムはハンドマッサージです

タッチケア教室とママの癒しの時間 2,500円

ママの癒しの時間は、ぷちリンパ(デコルテまたは膝下)、ぷち台湾式リフレクソロジーの中からお選びください

タッチケア教室とママのメンテナンス 各施術の応援割金額+500円 

リンパトリートメント、台湾式リフレクソロジー 各60分または90分コースをお選びください。90分7,500円、90分 5,500円の応援割(各20%off)

※別途出張費を頂戴しています。(詳しくはコチラをご覧ください)

※お子様を寝かせてマッサージできるようバスタオル1枚、フェイスタオル2枚ご準備ください。

※タッチケアにオイルは必ず必要ではありません。お子様用のマッサージオイルを使用されたい方はご自身でご準備ください。 こちらでは準備いたしませんので予めご了承ください。

セラピストは、日本タッチケア協会の認定指導者であり、早産で手のひらサイズで生まれた超低出生体重児と満期産で生まれた子の二人の母親です。育児経験やリンパセラピスト、足もみセラピストとしての経験、親の会代表の経験を交えながら、子育て応援をさせていただいています。

NICU卒のお友だち同士でのグループレッスンの出張も承っています。お気軽にお尋ねください。

協会の理念にもとづき、タッチケア協会のテキスト代(500円)+ママの癒しの時間(500円~)+出張旅費でお届けしています。

過去に特別支援学校や保健所での講座依頼もいただきました。団体様主催の講座もお気軽にご相談ください。

 

タッチケアとは

1992年米国マイアミ大学内に設立された「タッチリサーチ研究所」(TRI:Touch Research Institute、フロリダ)のティファニー・フィールド博士によってアメリカで確立され、1997年、第9回世界小児科会議におてTouch therapy、いわゆる未熟児への接触療法としてTouch therapyの研究成果が報告されました。そして、翌1998年、前川喜平先生を会長に日本タッチケア研究会(現 日本タッチケア協会)が誕生しました。

「タッチケア」のタッチとは単に「さわる」ことではなく「ふれあい」の意味です。母と子の結びつきを強め、赤ちゃんの発達を促進します。赤ちゃんと親が、見つめ合い、語りかけながら赤ちゃんの素肌にしっかりふれる、なでる、少し圧をかけながらマッサージする、手足を曲げ伸ばしするなどの手技を行います。

NICU(新生児集中治療室)から始まったタッチケアですが、赤ちゃんだけでなく、年齢を問わずに実施できます。タッチケアにより、お子さんの情緒が安定し、ストレスホルモンが減少することなどが証明されています。詳しくは日本タッチケア協会のHPをご覧ください